別所 長治。 別所氏

波多野照子

東播磨の諸勢力も同調し、長治は三木城に篭城して毛利氏の援軍を待つことにします。

9

別所長治

子孫は赦され700石の旗本となったという。 まとめ 織田家の傘下に在った播磨の名門別所家。

26

西国の山城: 別所長治首塚(兵庫県三木市上の丸町9-4 雲龍寺)

一緒に三途の川を渡るのです。 16日、長治は城内で宴を催し、家臣達に別れを告げると 翌17日に長治と弟の友之は妻子を刺し、切腹した。

15

今はただ 恨みもあらじ・・・(別所長治、辞世の句)

ニコニコ動画での別所家 詳しくは(祖)・()・()の項を参照されたい。

19

別所長治・吉川経家

もっとも三木城の補給路が確保されているとはいえ、すぐに兵糧が不足することはだれの目にも明らかでした。

21

別所長治・吉川経家

尚、宗麟の次男・三男は細川忠興に仕えて子孫は熊本藩士となった。

16

別所長治(べっしょ ながはる)について

男は則職、女は姉は加古郡安田城主魚住左近大夫告長に、妹は加東郡小田城主依藤山城守光勝に嫁した。 しかし約束は守られず、城兵は秀吉によって大量に殺害されたといいます。 しかし、この数日後、最も恐れていた事態が生じます。

20