水 の よう に 優しく 花 の 様 に 劇 しく 震える 刃 で 貫い て。 タイアップに目が取られがちだが、メロもオケも最高の曲。

甲賀忍法帖(龍凰Remix) Lyrics 陰陽座 ※ rating2014.gd.ru

決して結ばれない運命だけれど、運命に引き離されも、 気持ちは 弦之助と二人であの世へとゆらゆらと漂いたい. 下弦 かげん の月が 朧 おぼろ に揺れる 夜を 包む叢雲 むらくも 磔 はりつけ られた 番 つが う雛 ひいな 絡める 非情の罠 嗚呼 ああ 今も燻 くす ぶ 想い胸に 聢 しか と宿らば 殲 せん 水の様に優しく 花の様に劇 はげ しく 震える 刃 やいば で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方 あなた を 瞼 まぶた が 憶えているの 無明 むみょう の淵で 終焉 おわり を待つ 私は 噎 むせ ぶ身無 みな し児 ご 蹂 ふ み躙 にじ られた 尽 すが る恋を 両手に 包んだ儘 まま もう 諍 あらが えない 共に辿る 釁 ちぬ りの黄泉路 みち を 殲 水の様に優しく 花の様に劇 はげ しく 震える 刃 やいば で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方 あなた を 瞼 まぶた が 憶えているの 水の様に優しく 花の様に劇 はげ しく 震える 刃 やいば で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 流れる 血潮 ちしお 止められない 蜜の様に零 こぼ れて 徒 あだ の様に散りゆく 儚 はかな い 祈りを 掻 か き消して 宿命 さだめ られた 二人を 葵闇 あおいやみ が 裂いても 貴方 あなた と 揺蕩 たゆた う 隠 かく り世まで Powered by この曲を購入する. 歌手: 作詞: 作曲: 下弦 かげん の月が 朧 おぼろ に揺れる 夜を 包む叢雲 むらくも 磔 はりつけ られた 番 つが う雛 ひいな 絡める 非情の罠 嗚呼 今も燻 くす ぶ 想い胸に 聢 しか と宿らば 殲 せん 水の様に優しく 花の様に劇 はげ しく 震える 刃 やいば で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方 あなた を 瞼 まぶた が 憶えているの 無明 むみょう の淵で 終焉 おわり を待つ 私は 噎 むせ ぶ身無 みな し児 ご 蹂 ふ み躙 にじ られた 尽 すが る恋を 両手に 包んだ儘 まま もう 諍 あらが えない 共に辿 たど る 釁 ちぬ りの黄泉路 みち を 殲 せん 水の様に優しく 花の様に劇 はげ しく 震える 刃 やいば で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方 あなた を 瞼 まぶた が 憶えているの 水の様に優しく 花の様に劇 はげ しく 震える 刃 やいば で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 流れる 血潮 ちしお 止められない 蜜の様に零 こぼ れて 徒 あだ の様に散りゆく 儚 はかな い 祈りを 掻 か き消して 宿命 さだめ られた 二人を 葵闇 あおいやみ が 裂いても 貴方 あなた と 揺蕩 たゆた う 隠 かく り世まで. 下弦の月が 朧に揺れる 夜を 包む叢雲 磔 はりつけ られた 番 つが う雛 ひいな 絡める 非情の罠 嗚呼 今も燻ぶ 想い胸に 聢 しか と宿らば 殲 せん 水の様に優しく 花の様に劇 はげ しく 震える 刃で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方を 瞼が 憶えているの 無明の淵で 終焉 おわり を待つ 私は 噎 むせ ぶ身無し児 蹂み躙られた 尽 すが る恋を 両手に 包んだ儘 もう 諍 あらが えない 共に辿る 釁 ちぬ りの黄泉路を 殲 せん 水の様に優しく 花の様に劇しく 震える 刃で 貫いて 宿命られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方を 瞼が 憶えているの 水の様に優しく 花の様に劇しく 震える 刃で 貫いて 宿命られた 涙を 瞳の奥 閉じても 流れる 血潮 止められない 蜜の様に零れて 徒 あだ の様に散りゆく 儚い 祈りを 掻き消して 宿命られた 二人を 葵闇が 裂いても 貴方と 揺蕩 たゆた う 隠り世まで. 下弦の月が 朧に揺れる 夜を 包む叢雲 磔 はりつけ られた 番 つが う雛 ひいな 絡める 非情の罠 嗚呼 今も燻ぶ 想い胸に 聢 しか と宿らば 殲 せん 水の様に優しく 花の様に劇 はげ しく 震える 刃で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方を 瞼が 憶えているの 無明の淵で 終焉 おわり を待つ 私は 噎 むせ ぶ身無し児 蹂み躙られた 尽 すが る恋を 両手に 包んだ儘 もう 諍 あらが えない 共に辿る 釁 ちぬ りの黄泉路を 殲 水の様に優しく 花の様に劇しく 震える 刃で 貫いて 宿命られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方を 瞼が 憶えているの 水の様に優しく 花の様に劇しく 震える 刃で 貫いて 宿命られた 涙を 瞳の奥 閉じても 流れる 血潮 止められない 蜜の様に零れて 徒 あだ の様に散りゆく 儚い 祈りを 掻き消して 宿命られた 二人を 葵闇が 裂いても 貴方と 揺蕩 たゆた う 隠り世まで. 多分、朧目線で書かれた【甲賀忍法帖】なんだと思います。 作詞:瞬火 作曲:瞬火 下弦 かげん の月が 朧 おぼろ に揺れる夜を 包む叢雲 むらくも 磔 はりつけ られた 番 つが う雛 ひいな 絡める 非常の罠 嗚呼 ああ 今も燻 くす ぶ 想い 胸に 聢 しか と宿らば 殲 せん 水の様に 優しく 花の様に 劇 はげ しく 震える 刃 やいば で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方 あなた を 瞼 まぶた が 憶えてるの 無明 むみょう の淵で 終焉 おわり を待つ私は 噎 むせ ぶ身無 みな し児 ご 蹂 ふ み躙 にじ られた 尽 すが る恋を 両手に 包んだ儘 まま もう 諍 あらが えない 共に辿 たど る 釁 ちぬ りの黄泉路 みち を 殲 せん 水の様に 優しく 花の様に 劇 はげ しく 震える 刃 やいば で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方 あなた を 瞼 まぶた が 憶えてるの 水の様に 優しく 花の様に 劇 はげ しく 震える 刃 やいば で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 流れる 血潮 ちしお 止められない 蜜の様に 零 こぼ れて 徒 あだ の様に 散りゆく 儚 はかな い 祈りを 掻 か き消して 宿命 さだめ られた 二人を 葵闇 あおいやみ が 裂いても 貴方 あなた と 揺蕩 たゆた う 隠 かく り世まで. 独特な個性から色物バンドの扱いを受けがちであるが、 作曲センスも演奏技術も一級品。 けれどこの想いは止めることはできない。

甲賀忍法帖 Lyrics 陰陽座 ※ rating2014.gd.ru

陰陽座さん『甲賀忍法帖』の歌詞 コウガニンポウチョウ words by マタタビ music by マタタビ Performed by オンミョウザ. 陰陽座 甲賀忍法帖 龍凰Remix Lyricist:瞬火 Composer:瞬火 下弦の月が 朧に揺れる 夜を 包む叢雲 磔 はりつけ られた 番 つが う雛 ひいな 絡める 非情の罠 嗚呼 今も燻ぶ 想い胸に 聢 しか と宿らば 殲 せん 水の様に優しく 花の様に劇 はげ しく 震える 刃で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方を 瞼が 憶えているの 無明の淵で 終焉 おわり を待つ 私は 噎 むせ ぶ身無し児 蹂み躙られた 尽 すが る恋を 両手に 包んだ儘 Find more lyrics at もう 諍 あらが えない 共に辿る 釁 ちぬ りの黄泉路を 殲 水の様に優しく 花の様に劇しく 震える 刃で 貫いて 宿命られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方を 瞼が 憶えているの 水の様に優しく 花の様に劇しく 震える 刃で 貫いて 宿命られた 涙を 瞳の奥 閉じても 流れる 血潮 止められない 蜜の様に零れて 徒 あだ の様に散りゆく 儚い 祈りを 掻き消して 宿命られた 二人を 葵闇が 裂いても 貴方と 揺蕩 たゆた う 隠り世まで. 歌手: 作詞: 作曲: 下弦の月が 朧に揺れる 夜を 包む叢雲 磔 はりつけ られた 番 つが う雛 ひいな 絡める 非情の罠 嗚呼 今も燻ぶ 想い胸に 聢 しか と宿らば 殲 せん 水の様に優しく 花の様に劇 はげ しく 震える 刃で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方を 瞼が 憶えているの 無明の淵で 終焉 おわり を待つ 私は 噎 むせ ぶ身無し児 蹂み躙られた 尽 すが る恋を 両手に 包んだ儘 もう 諍 あらが えない 共に辿る 釁 ちぬ りの黄泉路を 殲 水の様に優しく 花の様に劇しく 震える 刃で 貫いて 宿命られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方を 瞼が 憶えているの 水の様に優しく 花の様に劇しく 震える 刃で 貫いて 宿命られた 涙を 瞳の奥 閉じても 流れる 血潮 止められない 蜜の様に零れて 徒 あだ の様に散りゆく 儚い 祈りを 掻き消して 宿命られた 二人を 葵闇が 裂いても 貴方と 揺蕩 たゆた う 隠り世まで.。

19

陰陽座 甲賀忍法帖 歌詞

陰陽座 甲賀忍法帖 Lyricist:瞬火 Composer:瞬火 下弦の月が 朧に揺れる 夜を 包む叢雲 磔 はりつけ られた 番 つが う雛 ひいな 絡める 非情の罠 嗚呼 今も燻ぶ 想い胸に 聢 しか と宿らば 殲 せん 水の様に優しく 花の様に劇 はげ しく 震える 刃で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方を 瞼が 憶えているの 無明の淵で 終焉 おわり を待つ 私は 噎 むせ ぶ身無し児 蹂み躙られた 尽 すが る恋を 両手に 包んだ儘 Find more lyrics at もう 諍 あらが えない 共に辿る 釁 ちぬ りの黄泉路を 殲 水の様に優しく 花の様に劇しく 震える 刃で 貫いて 宿命られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方を 瞼が 憶えているの 水の様に優しく 花の様に劇しく 震える 刃で 貫いて 宿命られた 涙を 瞳の奥 閉じても 流れる 血潮 止められない 蜜の様に零れて 徒 あだ の様に散りゆく 儚い 祈りを 掻き消して 宿命られた 二人を 葵闇が 裂いても 貴方と 揺蕩 たゆた う 隠り世まで. 陰陽座さん『甲賀忍法帖』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 Machico 甲賀忍法帖 作詞:瞬火 作曲:瞬火 下弦の月が 朧に揺れる 夜を 包む叢雲 磔 はりつけ られた 番 つが う雛 ひいな 絡める 非情の罠 嗚呼 今も燻ぶ 想い胸に 聢 しか と宿らば 殲 せん 水の様に優しく 花の様に劇 はげ しく 震える 刃で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方を 瞼が 憶えているの 無明の淵で 終焉 おわり を待つ 私は 噎 むせ ぶ身無し児 蹂み躙られた 尽 すが る恋を 両手に 包んだ儘 更多更詳盡歌詞 在 もう 諍 あらが えない 共に辿る 釁 ちぬ りの黄泉路を 殲 水の様に優しく 花の様に劇しく 震える 刃で 貫いて 宿命られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方を 瞼が 憶えているの 水の様に優しく 花の様に劇しく 震える 刃で 貫いて 宿命られた 涙を 瞳の奥 閉じても 流れる 血潮 止められない 蜜の様に零れて 徒 あだ の様に散りゆく 儚い 祈りを 掻き消して 宿命られた 二人を 葵闇が 裂いても 貴方と 揺蕩 たゆた う 隠り世まで. 特にメロディは好み。

YURiKA / 甲賀忍法帖の歌詞と動画

下弦 かげん の月が 朧 おぼろ に揺れる 夜を 包む叢雲 むらくも 磔 はりつけ られた 番 つが う雛 ひいな 絡める 非情の罠 嗚呼 今も燻 くす ぶ 想い胸に 聢 しか と宿らば 殲 せん 水の様に優しく 花の様に劇 はげ しく 震える 刃 やいば で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方 あなた を 瞼 まぶた が 憶えているの 無明 むみょう の淵で 終焉 おわり を待つ 私は 噎 むせ ぶ身無 みな し児 ご 蹂 ふ み躙 にじ られた 尽 すが る恋を 両手に 包んだ儘 まま もう 諍 あらが えない 共に辿 たど る 釁 ちぬ りの黄泉路 みち を 殲 せん 水の様に優しく 花の様に劇 はげ しく 震える 刃 やいば で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 貴方 あなた を 瞼 まぶた が 憶えているの 水の様に優しく 花の様に劇 はげ しく 震える 刃 やいば で 貫いて 宿命 さだめ られた 涙を 瞳の奥 閉じても 流れる 血潮 ちしお 止められない 蜜の様に零 こぼ れて 徒 あだ の様に散りゆく 儚 はかな い 祈りを 掻 か き消して 宿命 さだめ られた 二人を 葵闇 あおいやみ が 裂いても 貴方 あなた と 揺蕩 たゆた う 隠 かく り世まで. 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

22

甲賀忍法帖 歌詞 Machico ※ rating2014.gd.ru

。 。 。

24

YURiKA 甲賀忍法帖 歌詞&動画視聴

。 。 。

7

タイアップに目が取られがちだが、メロもオケも最高の曲。

17