インフルエンザ ワクチン 水銀。 予防接種について。ワクチンも添加物や毒物たっぷりでした

インフルエンザワクチンの水銀・チメロサールの影響 [予防接種・ワクチン] All About

実際に、毎年、国民の約半数がインフルエンザワクチンを接種しており、 特に、免疫力の低い乳幼児や妊婦、高齢者において接種率が高くなっています。 たいていは2-3日すれば、症状はおさまります。 しかしながら残念なことに、インフルエンザワクチンの有用性を認める研究結果は少ないのです。

12

予防接種について。ワクチンも添加物や毒物たっぷりでした

具体的には、 ・規則正しい生活を送り、睡眠をしっかりとる ・ビタミン、ミネラルを十分に摂る ・良質な脂質(青魚、バター、アマニ油など)を摂る ・糖質の摂りすぎに注意する ・ウォーキングやヨガなど、適度な運動を定期的にする ・シャワーではなく湯船に浸かる ・外出するときはマスクを着ける ・自宅内は一定の湿度を保つ ・よく笑う 実は、笑いと免疫には密接な関係があるということが 科学的に明らかになっています。 。

インフルエンザワクチンの水銀とは?フリーなものある?

とくに子どもの場合は水銀の許容量が低いので大きな後遺症が出る可能性があります。 なぜ未だに予防接種に組み込まれているのでしょう。 この価格についてもっと詳しく見てみると、高いところと安いところは確かにありますが、傾向が良くわかりません。

28

ワクチン接種は危険! 副作用で逆に病気が増える

とくにインフルエンザのウイルスは、その変異のスピードがとても速いという特徴があります。 普通の病院では在庫が少ないようですが、産婦人科では取り扱っている所も多いようなので、早めに予約を入れ在庫を確保しましょう!ただ、念には念を入れる場合であり、通常のインフルエンザワクチンでも妊娠に悪影響はないのでご安心下さい。

6

インフルエンザワクチンに水銀が防腐剤として入ってる!?安全性は?

ワクチンが有効になるまでに予防接種から2週間かかります。 また、ブログ内に写真つきでしるされていた危険なものリストですが、それは『』から引用していると思われます。 インフルエンザワクチンが効かないという人たちがよく引用する研究に「前橋スタディ」とか「前橋レポート」と呼ばれるものがあります。

妊婦さんご注意を!インフルエンザワクチンは水銀入りです!

皮下注射という接種法の問題 「インフルエンザワクチンは、現状、皮下に接種し、血液中に入った抗原(免疫力を作るもとになる物質)が、血液中で抗体を作ります。 予防接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間~3週間程度かかり、その効果が持続する期間は約5ヶ月とされています。 ホルマリン(ホルムアルデヒド)を含まないワクチン 一般のインフルエンザワクチンには添加物としてホルマリン(ホルムアルデヒド)が含まれています。

17