残業 代 未払い 時効。 残業代請求の時効と過去の未払い残業代を請求する方法|あなたの弁護士

残業代請求権の消滅時効期間が2年から5年に延長される?いま企業がするべきことは?|企業法務コラム|顧問弁護士・企業法務ならベリーベスト法律事務所

例えば、2年の未払い残業代請求額が100万円だった場合、実際には残業時間が同じとは限りませんのであくまで単純計算になりますが、5年だと2. ただし、施行5年後にあらためて検討することとされており、2025年4月1日以降、残業代を含めた未払賃金の時効は「原則5年間」に統一される可能性があります。

1

残業代請求の時効と過去の未払い残業代を請求する方法|あなたの弁護士

しかし、賃金が不足していることを見抜くためには、労働基準法の理解が欠かせません。

【保存版】未払い残業代を自分で請求する全手順

(1)労働基準監督署 まずは地域の労働基準監督署で相談してみましょう。 実務的には、次のような場合が考えられます。

18

未払い残業代の時効が2年から3年に!さらに5年に延びる前に知るべき、注意点と残業代計算方法

時効が延びるのを待っていると、せっかく発生した権利が時効にかかっていってしまいますから、注意が必要です。 証拠がある場合、ない場合、それぞれどうすればいいの? すでに証拠がある程度揃っている場合 こちらの「」という記事では、実際に会社へ未払残業代を請求し獲得するまでの手順を記載しています。

12

残業代・賃金の時効が、2年から3年に延長!【弁護士解説】

労働者側にも影響のあることなので、知っておきましょう。

24

未払い残業代の請求。消滅時効の中断が6ヶ月。その期限日の郵送について。...

法律上は問題なくても、さまざまな準備や手続きをしているうちに期限が迫ってしまいます。