Jr 九州 36 3。 36ぷらす3

JR九州「36ぷらす3」お披露目!漆黒のボディと豪華な内装でぐるっと九州を回る新たな観光列車

画像:JR九州 5つのルート 運行ルートは木曜日に博多駅を出発し、月曜日までの5日間をかけて、5ルートで九州を1周します。 木曜日ルート( - )については途中の - 間で、のに乗り入れる。 1号車は、3~4人用の個室を設置した車両。

7

36ぷらす3

1 197 黒の路:125. 通常、宗太郎駅に停車する普通列車は佐伯行の上り2本 6時39分発・20時7分発 、延岡行の下りは朝の1本 6時54分発 しかなく、鉄道でこの駅を訪問することは難しい。

JR九州「36ぷらす3」が楽しみ! 787系改造の「手軽に乗れる観光列車」

また、車内では有料の体験イベント、無料のイベントが用意されている。 「グリーン席プラン」の料金 「グリーン席プラン」は、JR九州の運賃+B特急料金+36ぷらす3グリーン料金の合計となります。

12

JR九州、「36ぷらす3」停車駅発表

1日単位の利用も可能で、料金は昼食付きで1日1万円 - 2万円を想定している。

23

787系が黒くなってリニューアル JR九州の「36ぷらす3」登場

観光の拠点都市を移動するとき、その時間と空間を楽しくする。 牛ノ浜駅 (鹿児島県阿久根市) 阿久根市内の「イワシビル」自慢のたい焼きや沿線の品物の販売があります。 沿線の動画など放映するモニターも設置した。

25

JR九州、「36ぷらす3」停車駅発表

中国・四国• 特別停車駅は沿線の特産品販売を行う駅の他、風光明媚な駅や通常の特急列車が止まらないようななど特徴的な駅が選ばれている。 上記のルートで年間45週程度の運転を予定しています。 車内での昼食の提供準備に活用するため、業務スペースも新設した。

19

JR九州、観光列車「36ぷらす3」誕生までの舞台裏

ことも 8,500円~15,500円 なお、「36ぷらす3」のグリーン個室は、号車によって定員が異なります。