年金 手帳 オレンジ。 年金手帳は会社に預けるもの?その理由や手帳の種類をおさらい

年金手帳が複数冊あります。どうすればいいですか。|日本年金機構

厚生年金制度ののちに制定された国民年金保険では、開始した当初から「国民年金手帳」が配布されています。 結婚後、年金手帳の氏名は変更した方がいい• 青色の年金手帳は1997年~現在までに交付されたもの 1997年(平成9年)1月以降から現在までに交付されている年金手帳は青色です。 交付は日本年金機構によって行われ、日本に住む20歳以上の男女が対象となっています。

28

年金手帳の再発行|手続きに必要なもの・料金・期間・電子申請など解説

実際に会社というのはどこまで把握しているものなのか、どこまでわかるものなのか、ふと疑問に感じたので、質問させて頂きたいと思います。 それが、管理する証書が統一されたり、制度同士が統合されたりして、少しずつ管理がしやすくなり、今のように 「一人につき一つの番号と手帳」で管理できるようになったのですね。

26

年金手帳の色の違いとは?茶色・オレンジ・青へと変わった理由を解説

基礎年金番号制度が導入される前には、各公的年金ごとに番号が付与されていたので、一人の人間に「国民年金」「厚生年金」「共済年金」の3つの番号を持つ事もありえました。 年代 年金制度の変遷 手帳・証書 1940年 昭和15年 - 6月 船員保険制度の創設 船員保険被保険者証 1942年 昭和17年 -1月 労働者年金保険の創設 労働者年金保険被保険者台帳記号番号通知表 1944年 昭和19年 -6月 「労働者年金保険」から「厚生年金保険」に改称 厚生年金保険被保険者証 1961年 昭和35年 -10月 国民年金制度の創設 国民年金手帳(茶色) 1974年 昭和49年 -10月 被保険者証の共通化 (国民年金・厚生年金・船員保険) 年金手帳(オレンジ・厚生年金・船員保険と統一) 1986年 昭和61年 -4月 船員保険が厚生年金に統合 年金手帳(オレンジ・表記内容のみ変更) 1997年 平成 9年 -1月 基礎年金番号の創設 年金手帳(青色・社会保険庁発行) 2010年 平成22年 -1月 日本年金機構の発足 年金手帳(青色・日本年金機構発行) 参考元:/ このように、昔は様々な形の証書が交付され、制度ごとに分かれて年金が管理されていました。

18

基礎年金番号・年金手帳について|日本年金機構

で納付済期間が正しいか、確認しましょう。

2

年金手帳は会社に預けるもの?その理由や手帳の種類をおさらい

ネット環境がある方は「ねんきんネット」がおすすめです。 この変更にともなって、年金手帳の色もオレンジに切り替わっています。 なお、日本では20歳を過ぎると国民年金に加入する決まりになっているため、 成人した日本人は原則年金手帳を持っています。

3

年金手帳とは?再発行や氏名変更の必要書類、色の違いについて

は、手帳記号番号で管理(10桁) 厚生年金は、厚生年金手帳記号番号で管理(10桁) は、共済組合ごとに管理(7~12桁) それぞれ別々に管理されていたは、平成8年12月で終了しました。 既に年金を受給されている方は、年金証書が手もとに有れば、年金手帳は必要ありません。 中にはどれが基礎年金番号かわからないという人もいるので・・・ 以下、就業先が協会けんぽであると仮定して説明します。

20