熊本 コロナ 警戒 レベル。 自粛要請に 独自の「熊本方式」 市が5段階の警戒レベル導入|【西日本新聞ニュース】

熊本県内、新型コロナ「厳戒警報」 初のリスクレベル「5」

476~480例目:令和2年8月25日 熊本市発表(市188~192例目) 475例目:令和2年8月24日 熊本市発表(市187例目) 472~474例目:• (注釈)別紙(「来年2月末までの催物の開催制限、イベント等における感染拡大防止ガイドライン遵守徹底に向けた取組強化について(令和2年11月12日付け 国事務連絡別紙)」)はこちら(・)をご覧ください。 12月8日:日向・東臼杵圏域を「(緑)感染未確認圏域」から「(黄)感染確認圏域」へと変更しました。 県は県内11保健所別の稼働率は公表していないが、直近1週間では菊池18人、八代17人と熊本市以外でも新規感染者が増えており、医療機関の負担は高まっているとみられる。

5

コロナ病床、満杯寸前 熊本市民病院、警戒強める

県は「経路不明の感染者が引き続き多く、強い警戒が必要」と呼び掛けている。

8

新型コロナウイルス感染防止対策に係る湯前町の警戒区分を「レベル3」へ / 湯前町

高田院長が期待するのは、軽症者や無症状者向けの宿泊療養施設の活用。

30

熊本県内「レベル5」維持 新型コロナ感染リスク「強い警戒必要」

高田明院長は「11月から再び熊本大病院に医師1人を派遣してもらっているが、医師も看護師も限られた人員で回しており、ぎりぎりの状態だ」と話す。 詳しくは県ホームページをご覧ください。

23

熊本県 新型コロナ「リスクレベル」を「警報」に引き上げ

387~392例目:令和2年8月15日 熊本市発表(市132例目~137例目) 383~386例目:• 軽症者らを受け入れる宿泊療養では、県が14日に2棟目のホテルと借り上げ契約を結び、約80人分を確保。 発熱がある場合はかかりつけ医などに電話で相談するか、専用ダイヤル(0570-096-567)にご連絡ください。

13

熊本県内「レベル5」維持 新型コロナ感染リスク「強い警戒必要」

[熊本県リスクレベルについて] 詳細については、 をご覧ください。 また、依然として中心市街地の飲食店に関連した感染も確認されています。 現状認識 国内における感染者の増加傾向は過去最多の水準を更新し続けています。

27

新型コロナウイルス感染症対策に係るリスクレベルについて / 熊本市ホームページ

・感染防止対策に関する研修動画を作成し、配信します。 407例目:令和2年8月16日 熊本市発表(市147例目) 404~406例目:• 693~703例目:令和2年10月12日 熊本市発表(市348~358例目) 692例目: 677~691例目:令和2年10月11日 熊本市発表(市333~347例目) 675~676例目:• ただ、治療法が進んで重症患者が少なくなった上、病院間の連携が進み、人工呼吸器が必要な重症患者は集中的な治療をする医療機関に転院させるなどしているため「現場が逼迫[ひっぱく]している状況ではない」。

19