夕立 季語。 季語|夕立(ゆうだち・ゆだち・よだち)

夕立

一茶がここにいるぞ 【作者】小林一茶 【季語】蛙-春 【補足】この句は、武蔵の国の竹ノ塚でつくられたといわれています。 春雨(しゅんう) ・・・春の雨。

30

夕立(ゆうだち、ゆふだち)e

ゆうぜんとしてほろ酔へば雑草そよぐ• 万葉集には、夕立の後の涼しさを歌った小鯛王の 夕立の雨うち降れば春日野の 尾花の末の白露思ほゆ がある。 しかし、こちらの表現技法も切れ字と同様、 必ずしも作者の意図したものではありません。 【英訳】 long rain; long spell of rainy weather 【関連語】 雨水(あまみず) ・・・降る雨の水。

13

夕立(ゆうだち、ゆふだち)e

夏 初夏 立夏(5月6日ごろ)から芒種の前日(6月5日ごろ)まで(陽5月・陰4月) 仲夏 芒種(6月6日ごろ)から小暑の前日(7月6日ごろ)まで(陽6月・陰5月) 晩夏 小暑(7月7日ごろ)から立秋の前日(8月7日ごろ)まで(陽7月・陰6月) 三夏 夏全体にわたる 天 文 基本季語 雲の峰、夏の月、南風、青嵐、薫風、夕凪、梅雨、五月雨、夕立、 虹、雷、五月闇、朝曇、夕焼、日盛、片蔭、旱 季 語 読み方 区分 傍 題 1 夏の空 なつのそら 三夏 夏空(なつぞら)、夏の天(なつのてん)、夏天(かてん) 2 梅雨空 つゆぞら 仲夏 梅雨の空(つゆのそら)、梅天(ばいてん)、 五月空(さつきぞら) 3 夏の雲 なつのくも 三夏 夏雲(なつぐも) 4 雲の峰 くものみね 三夏 積乱雲(せきらんうん)、入道雲(にゅうどうぐも)、 坂東太郎(ばんどうたろう)、丹波太郎(たんばたろう)、 比古太郎(ひこたろう)、信濃太郎(しなのたろう)、 石見太郎(いわみたろう)、安達太郎(あだちたろう)、 雷雲(らいうん)、鉄鈷雲(かなとこぐも)、 夕立雲(ゆうだちぐも)、峰雲(みねぐも) 5 夏の月 なつのつき 三夏 月涼し(つきすずし)、夏の霜(なつのしも) 6 梅雨の月 つゆのつき 仲夏 7 夏の星 なつのほし 三夏 星涼し(ほしすずし) 8 梅雨の星 つゆのほし 仲夏 麦星(むぎぼし)、麦熟れ星(むぎうれぼし) 9 旱星 ひでりぼし 晩夏 10 夏の風 なつのかぜ 三夏 夏嵐(なつあらし) 11 南風 みなみ 三夏 南吹く(みなみふく)、南風(みなみかぜ)、 南風(なんぷう)、正南風(まみなみ)、 大南風(おおみなみ) 12 はえ 三夏 南風(はえ)、正南風(まはえ)、南東風(はえごち)、 南西風(はえにし) 13 まじ 三夏 まぜ 14 くだり 三夏 15 ひかた 三夏 しかた 16 あいの風 あいのかぜ 三夏 あえの風(あえのかぜ) 17 やませ 三夏 山瀬風(やませかぜ)、山背風(やませかぜ) 18 だし 三夏 七日だし(なぬかだし)、だし雲(だしぐも) 19 いなさ 仲夏 20 黒南風 くろはえ 仲夏 くろばえ、荒南風(あらはえ) 21 白南風 しろはえ 晩夏 しろばえ、しらはえ 22 ながし 仲夏 ながし南風(ながしはえ) 23 木の芽流し きのめながし 初夏 24 茅花流し つばなながし 初夏 25 筍流し たけのこながし 初夏 筍梅雨(たけのこづゆ)、筍黴雨(たけのこづゆ) 26 麦の秋風 むぎのあきかぜ 初夏 麦嵐(むぎあらし) 27 黄雀風 こうじゃくふう 仲夏 28 土用あい どようあい 晩夏 29 土用東風 どようごち 晩夏 青東風(あおごち) 30 青嵐 あおあらし 三夏 青嵐(せいらん) 31 薫風 くんぷう 三夏 風薫る(かぜかおる)、風の香(かぜのか)、南薰(なんくん) 32 温風 おんぷう 晩夏 湿風(しっぷう) 33 熱風 ねっぷう 晩夏 炎風(えんぷう)、乾風(かんぷう) 34 涼風 すずかぜ 晩夏 涼風(りょうふう)、風涼し(かぜすずし) 35 朝凪 あさなぎ 晩夏 朝凪ぐ(あさなぐ) 36 夕凪 ゆうなぎ 晩夏 夕凪ぐ(ゆうなぐ) 37 土用凪 どようなぎ 晩夏 38 風死す かぜしす 晩夏 39 夏の雨 なつのあめ 三夏 夏雨(なつさめ)、緑雨(りょくう) 40 卯の花腐し うのはなくたし 初夏 卯の花腐し(うのはなくだし)、 卯の花降し(うのはなくだし) 41 走り梅雨 はしりづゆ 初夏 前梅雨(まえづゆ)、迎え梅雨(むかえづゆ)、 梅雨の走り(つゆのはしり) 42 梅雨 つゆ 仲夏 梅雨(ばいう)、黴雨(ばいう)、 梅雨前線(ばいうぜんせん)、梅雨時(つゆどき)、 梅雨寒(つゆさむ)、梅雨冷(つゆびえ)、 青梅雨(あおつゆ)、ついり、梅霖(ばいりん)、 梅の雨(うめのあめ)、梅雨空(つゆぞら)、 梅天(ばいてん)、五月空(さつきぞら)、 梅雨雲(つゆぐも)、五月雲(さつきぐも)、 梅雨曇(つゆぐもり)、五月曇(さつきぐもり)、 荒梅雨(あらづゆ)、空梅雨(からつゆ)、 旱梅雨(ひでりつゆ) 43 青梅雨 あおつゆ 仲夏 44 空梅雨 からつゆ 仲夏 涸梅雨(かれつゆ)、旱梅雨(ひでりつゆ) 45 五月雨 さみだれ 仲夏 五月雨(さつきあめ)、さみだるる、 五月雨雲(さみだれぐも)、五月雨傘(さみだれがさ) 46 送り梅雨 おくりづゆ 晩夏 返り梅雨(かえりづゆ)、戻り梅雨(もどりづゆ) 47 夏ぐれ なつぐれ 仲夏 48 薬降る くすりふる 仲夏 神水(しんすい) 49 虎が雨 とらがあめ 仲夏 虎が涙雨(とらがなみだあめ)、曽我の雨(そがのあめ) 50 夕立 ゆうだち 三夏 ゆだち、よだち、白雨(はくう)、夕立雲(ゆうだちぐも)、 夕立風(ゆうだちかぜ)、夕立後(ゆうだちご)、 夕立晴(ゆうだちばれ)、夕立つ(ゆうだつ) 51 驟雨 しゅうう 三夏 52 喜雨 きう 晩夏 慈雨(じう)、雨喜び(あめよろこび) 53 雹 ひょう 三夏 氷雨(ひさめ)、冰雨(ひさめ) 54 夏の露 なつのつゆ 三夏 露涼し(つゆすずし) 55 夏の霧 なつのきり 三夏 夏霧(なつぎり) 56 海霧 じり 三夏 ガス、海霧(かいむ)、海霧(うみぎり) 57 夏霞 なつがすみ 三夏 夏の霞(なつのかすみ) 58 雲海 うんかい 晩夏 59 御来迎 ごらいごう 晩夏 御来光(ごらいこう) 60 虹 にじ 三夏 二重虹(ふたえにじ)、朝虹(あさにじ)、夕虹(ゆうにじ)、 虹の輪(にじのわ)、虹の橋(にじのはし)、 虹の帯(にじのおび)、虹の梁(にじのはり) 61 雷 かみなり 三夏 雷電(らいでん)、雷鳴(らいめい)、雷声(らいせい)、 雷響(らいきょう)、雷雨(らいう)、雷(らい)、 鳴神(なるかみ)、いかずち、はたたがみ、 雷霆(らいてい)、激雷(げきらい)、遠雷(えんらい)、 軽雷(けいらい)、迅雷(じんらい)、疾雷(しつらい)、 日雷(ひがみなり)、落雷(らくらい)、雷火(らいか)、 雷神(らいじん)、雷鼓(らいこ)、はたたく 62 梅雨雷 つゆかみなり 仲夏 梅雨の雷(つゆのらい) 63 卯月曇 うづきぐもり 初夏 卯の花曇(うのはなぐもり) 64 梅雨曇 つゆぐもり 仲夏 ついり曇(ついりぐもり)、梅雨雲(つゆぐも) 65 五月闇 さつきやみ 仲夏 66 梅雨晴 つゆばれ 仲夏 梅雨晴間(つゆはれま)、梅雨の晴(つゆのはれ)、 梅雨晴る(つゆはる) 67 五月晴 さつきばれ 仲夏 68 朝曇 あさぐもり 晩夏 69 朝焼 あさやけ 晩夏 70 夕焼 ゆうやけ 晩夏 ゆやけ、夕焼雲(ゆうやけぐも) 71 日盛 ひざかり 晩夏 日の盛(ひのさかり) 72 西日 にしび 晩夏 大西日(おおにしび)、西日さす(にしびさす)、 西日の矢(にしびのや)、西日中(にしびなか)、 西日落つ(にしびおつ) 73 炎天 えんてん 晩夏 炎日(えんじつ)、炎気(えんき)、炎天下(えんてんか) 74 油照 あぶらでり 晩夏 脂照(あぶらでり) 75 片蔭 かたかげ 晩夏 日陰(ひかげ)、夏陰(なつかげ)、夏山陰(なつやまかげ)、 夏木陰(なつこかげ)、片かげり(かたかげり) 76 旱 ひでり 晩夏 旱魃(かんばつ)、夏旱(なつひでり)、 旱続き(ひでりつづき)、大旱(たいかん)、 旱空(ひでりぞら)、旱天(かんてん)、旱年(ひでりどし)、 旱畑(ひでりばたけ)、旱草(ひでりぐさ)、旱雲(ひでりぐも). 「〜蒼生(りんうそうせい)」 出典:中国後漢朝時代。 さつきあめ。

夕立 : 575筆まか勢

笠にとんぼをとまらせてあるく• 弱すぎる自分に、決して満たされない心に…。

1

夏 天文

[季語]秋。 驟雨(しゅうう) ・・・急に降り出し、強弱の激しい変化を繰り返しながら、急に降り止む雨。 独学で絵を習得したようなので、生まれ持っての才能があったのでしょう。

5

夏の俳句の作り方

「夕立やお地蔵さんもわたしもずぶぬれ」の表現技法 自由律俳句 この句は季語や切れ字が存在しますが、「五・七・五」の十七音や季語を必ず必要とする「定型俳句」ではなく「自由律俳句」となっています。 句を体言止めで終え、その余韻で 小さな生き物へのいとおしみの視線も感じられます。

3

有名な俳句・厳選30の「一覧」【永久保存版】

白雨や 障子懸たる 片びさし 【作者】服部嵐雪 はっとり らんせつ 【補足】「懸けたる」の読みは「かけたる」です。 」 という意味になります。

4

【夕立や草葉をつかむむら雀】俳句の季語や意味・表現技法・鑑賞文・作者など徹底解説!!

【意味】 何日も降りつづく雨。

22