外郎 売 全文 ふりがな 付き。 外郎売 全文(ひらがな付き)

寿限無~ふりがな付き全文

さて、このくすり、 さて、この薬、 だいいちのきみょうには、 第一の奇妙には、 したのまわることが、ぜにごまがはだしでにげる。 よってその名を帝より、透頂香と賜わる。 おきゃがれこぼし、おきゃがれこぼうし、ゆんべもこぼして、又こぼした。

18

外郎売

第三節 そりゃそら、そらそりゃ、まわって来たわ、まわって来るわ。 御上りなれば右の方、御下りなれば左側、八方が八つ棟、面が三つ棟、、にはを御赦免あって、系図正しき薬で御座る。 たとえば私は、「京の生鱈、奈良 生学鰹 ちょと四、五貫め。

27

外郎売 ふりがな付き全文 口上や意味を把握して滑舌練習しよう

うぶこ、はうこに いたるまで、この ういろーの ごひょーばん、 ごぞんじないとは もーされまい。

29

10分で魅惑の滑舌!外郎売本文【フリガナ付き】|専業主婦卒業宣言!

さて、このくすり、 さて、この薬、 だいいちのきみょうには、 第一の奇妙には、 したのまわることが、ぜにごまがはだしでにげる。 ういろうはいらっしゃりませぬか。

13

10分で魅惑の滑舌!外郎売本文【フリガナ付き】|専業主婦卒業宣言!

盆豆、盆米、盆ごぼう。

外郎売

さて、このくすり、 さて、この薬、 だいいちのきみょうには、 第一の奇妙には、 したのまわることが、ぜにごまがはだしでにげる。 スポンサーリンク そもそも外郎売とは 享保3年(1718年)に初上演された歌舞伎の演目のひとつです。

14