日進月歩 例文。 四字熟語「日進月歩」の由来について教えてください!

スローガンの作り方のコツは?状況別の参考例文も!会社経営/学校

特に営業部署では、契約の数やノルマ達成率、スキル向上のみに目がいきがちです。 日ごと月ごとに絶えず進歩すること 日進月歩という言葉の意味を考えてみると、意味としては「日ごと月ごとに絶えず進歩すること」という意味が存在しています。

19

スローガンの作り方のコツは?状況別の参考例文も!会社経営/学校

例文:「粒々辛苦の思いの甲斐もあり、努力が実る」 まとめ いかがでしたでしょうか。 進歩していくスピードが速いこと 「日〜月〜」は「日に日にそうなっていくこと」を意味します。

13

日進月歩の意味や使い方を例文解説!読み方や類語・対義語も紹介 | コトバの意味紹介サイト

伝橙録によると、達磨という人物はインドから中国に渡り、少林寺で終日壁に向かい、9年も座り続けることで1語も発すること無く、ついには足がなくなってしまった…なんて言い伝えもあります。

10

「日進月歩」の意味や正しい使い方、類語や英語例文付きで詳しく解説

まとめ 「日進月歩」についてご紹介しました。

24

医療技術の進歩はまさに日進月歩だが…一向に進まない「心の医療」

日進月歩という言葉は意味を知らないか難しい言葉にとらわれがちですが、意味さえ知っておけば非常に簡単な言葉だと言えます。 なるべくこのような使い方は避けた方が良いでしょう。

21

日進月歩とは?意味と使い方をわかりやすく解説

例文:「不撓不屈の精神で、困難に立ち向かう」 9、面壁九年(めんぺきくねん) 壁に向かって9年間も座禅を組んで悟りを開いたという意味です。 この言葉は「日に日に、とどまることなく進歩すること。