岩瀬 恭子。 岩瀬恭子 (いわせきょうこ)とは【ピクシブ百科事典】

岩瀬恭子

ゲーム『ARCADE STAGE』シリーズでは『8』から池田のZ33はボルトオンターボ化されている。 そのことに怒り、「女のくせに」とバカにした口調で言ったのが切っ掛けで彼女らとバトルとなる。 赤城レッドサンズ時代 の初の対戦相手であり、秋名山で拓海と2度のバトルに敗れて以来、拓海に強いライバル心を抱いている。

11

岩瀬恭子 (いわせきょうこ)とは【ピクシブ百科事典】

後に原作では妙義山でのレッドサンズとの交流戦で、アニメではエンペラーの妙義山襲撃の際に正一、章央と共に再登場する。 GC系インプレッサは限定車以外でソニックブルー・マイカは設定されていないため、オールペン仕様であると言える。 2」等の一部場面では「東京の二人」、BATTLE STAGE 2では「OTAKU」と表記されている。

「啓介,岩瀬恭子」に関するQ&A

彼の本気の走りは、ドリフトでもグリップでもないその中間のコーナリング。

13

岩瀬恭子

実家は「よしたけ寿司」という寿司屋を営んでいて、本人も配達などを手伝っている。 実際の商品とは異なる場合がございます。 『旅立ちのグリーン』の最後には「これ以降、真子と池谷は2度と顔を合わせることは無い」と書かれている。

16

『頭文字D 岩瀬恭子の搭乗車種 RX

First Stage. 得意技は坂道発進。 原作では喫煙者の設定になっているが、アニメでは喫煙者の設定はない。 当初は「恩義のある社長の頼みであるから、この勝負を受けた」と語るなど、あまりプロジェクトDとの勝負に乗り気ではなかったが、勝負の後には「レースにはよくあること」と素直に負けを認め「立ち戻るべき原点が必要だった」と語り、東堂に感謝しながら帰っていった。

7

岩瀬恭子

2

「啓介,岩瀬恭子」に関するQ&A

実写版ではパンクスタイルで登場。 アニメには白石自身の登場はないため、この設定はない。 愛車を損壊し、岩瀬恭子のFDを借りた啓介とのバトルでは、序盤から先行していたものの、終盤に道路工事のバリケードで狭くなっている部分で啓介に並ばれ、戦慄のあまり減速したことで敗北した。

24