小田急 線 運用。 小田急2400形電車

2015.3/14 小田急線運用表

多摩ニュータウンにおける土地区画整理事業は「」を参照のこと。 また箱根登山鉄道線箱根湯本駅発着の各駅停車は4両編成となっている。 土曜急行 [ ] に運用された種別であった。

2

2015.3/14 小田急線運用表

のダイヤ改正より日中の都心側は新宿駅 - 新百合ヶ丘駅間において1時間に6本(10分間隔)の運転(同時に梅ヶ丘駅 - 百合ヶ丘駅間では、区間準急の全廃も伴って実質減便)となり、加えて急行との接続駅が成城学園前駅に統一された(このほか下りは新百合ヶ丘駅と海老名駅、上りは町田駅で急行または快速急行と接続)。 JR常磐線を走るJR東日本E233系2000番台 左 と、小田急4000形 右。

小田急沿線住み鉄道ファン日記: 【8両運用置き換え】小田急電鉄、2019年11月8日から8両編成運用を10両編成に変更へ

に登戸駅に急行が停車し、翌に成城学園前駅にも急行が停車するようになると、上記の快速準急と同じように急行に統合される形で廃止となった。

27

小田急電鉄とJR常磐線が相互直通運転を開始

2200形同様、1基の制御装置で2両分8個の主電動機を制御する方式 1C8M であるが、力行制御段数は2200形の21段に対して83段となる超多段制御装置である ほか、応荷重機構を付加することによって空車時と満車時の性能差をなくすことを図った。 ここから愛甲石田駅付近から山を挟んで北側を走っていた国道246号と再び並行することになる。 一方、制動時に床下の抵抗器から発する熱は駅で停車後も発散されるため 、特に夏場には乗降中に熱気が床下から舞い上がり「HE車はヒーター車の略か」とさえ言われたこともあったという。

18

小田急小田原線

そのため、却下とはならずに進んだが、最高裁第一小法廷判決(2006年11月2日) により原告の敗訴が確定した。

15

小田急沿線住み鉄道ファン日記: 本日の小田急電鉄小田原線撮影 ~2020.03.07 念願の5000形試運転~

- 間の複々線が完成する前の朝ラッシュピーク1時間は、同区間で上り方向1時間当たり28本(平均2分10秒間隔)が運転されていた。 小田急電鉄. 3 4. さらに直通運転にあたっては川崎市側は車庫を保有せず、喜多見検車区唐木田出張所の利用を計画していたが、同所は現行ダイヤでは終電後満線あるいはそれに近い状態であるにもかかわらずその代替となる施設の計画について川崎市側は一切触れず、これらを含めた計画全般に対しての小田急側と合意も全くない という致命的な欠陥を抱えていた。 先述した運賃についても加算運賃の廃止や旅客運賃の値下げから大人初乗り運賃が京王より安い120円となった。

26

小田急電鉄とJR常磐線が相互直通運転を開始

また、やに直通する列車も多く、(東京メトロ)・(JR東日本)ともする一方で、一部の特急が(JR東海)のと直通運転を行っている。 過去の列車種別 [ ] 直通 [ ] 開業時に登場した種別である。 列車番号は、小田原線内の列車には1000番台(経堂駅停車列車は1200番台)、江ノ島線直通列車には1500番台(経堂駅停車列車は1700番台)、千代田線直通列車には2000番台(経堂駅停車列車は2200番台)、多摩線直通列車には2700番台がそれぞれ割り当てられているが、2018年3月16日までは6両編成の「赤丸急行」(後述)にも2000番台が割り当てられていた。

5

小田急小田原線

多摩急行 [ ] 詳細は「」を参照 2002年3月23日のダイヤ改正より運行を開始した種別である。 土休日の地下鉄千代田線との相互直通運転が再開される。 平日の10時-17時30分と土曜・休日の終日に限り経堂駅が停車駅に追加。

6