ランペイジ ジャクソン。 Amazon

ランペイジ・ジャクソンとPRIDE愛憎劇、ついに完結へ……|Dropkick|note

タイムスリップしたような時間を感じてもらう機会になればいい」。 6月20日、でと対戦。 PRIDEミドル級の選手としてシウバに初黒星をつけた。

24

“皇帝”エメリヤーエンコ・ヒョードルが日本引退試合でクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンから1RKO勝利!「一番印象深い試合はアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ戦」

ジャクソンは「皆さん元気ですか?一番好きな国で戦えることに対し凄くテンションが上がっている」と2006年2月のPRIDE. 08年12月には舞台を米国へと移し、UFC92大会で拳を交えると、ジャクソンが左フックでKO勝利を挙げていた。 シウバのフック連打に対し、ミドルキックで応戦したジャクソンは2回、ケージに追い込むと右フックをヒットさせて倒すとそのまま上から拳をふり下ろしつづけ、同回4分32秒TKO勝ちを収めた。

【Bellator JAPAN】榊原CEOがヒョードルvsジャクソンに厳しい見方「15年前ならこんなにぬるい空気にならないだろうなって思った」

俺たちの名前を覚えていてくれることが、人生の大きな支えになるんだよ」と、ファンに呼びかけていた。

30

皇帝ヒョードル、12・29日本ラストマッチ 対戦相手は“狂犬”ランペイジ・ジャクソン

スポーツナビ 2002年4月28日•。 敗れたもののファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

【格闘技】エメリヤーエンコ・ヒョードルの対戦相手はクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンに決定=Bellator×RIZIN

大好きな日本のファンの 皆様にもう一度ツアーを行って、最後に日本に皆様に応援しサポートして頂ける機会を作れたら幸せだと思う」とコメント。 PRIDE [ ] 2001年9月24日、初参戦となったでに判定勝ち、でもに判定勝ち、でもに判定勝ちを収めた。

6

皇帝ヒョードルと日本の深く長い縁。リングスの補欠扱い、ミルコの一言。

日本が全ての始まりだ。 PRIDE消滅後に他の格闘技団体での試合を行わずに、自らのMMAジム設立に専心。 Silva』で対戦しており、この時はシウバが2R TKO勝ちしています。

5

ランペイジ・ジャクソンとPRIDE愛憎劇、ついに完結へ……|Dropkick|note

31での 勝利以来の日本での試合に、そう答えた。