また 同じ 夢 を 見 てい た。 Free Dynamic DNS(DDNS) by

また、同じ夢を見ていた / 住野 よる【著】

無事に成長した10代後半の頃の奈ノ花は、南さんにそっくりだったようである。 ありがとうございました。

4

また、同じ夢を見ていた|夜月 唯|note

住野よるの「君の膵臓を食べたい」「かくしごと」そして「また、同じ夢を見ていた」を読んだけど… 男性って初めて知ってびっくりした… 「かくしごと」でも「また、同じ夢を見ていた」でも女の子が考えそうな少し非現実的な話だったし、この「また、同じ夢を見ていた」では完璧にリアルな小学生の女の子が書かれていたからしっかり騙されてた…(騙すつもりなんてないでしょうけど笑) 読むの2回めやったけど感動して涙出たし、読めば読むほど面白い、深い本だなあと。 『君の膵臓を食べたい』は感動し、涙を流し、読み終わったあとの虚無感を楽しんでいたんですが、この作品では最後の一行を読み終わったあとに幸せな気分に包まれました。

17

また、同じ夢を見ていた(住野よる)の1分でわかるあらすじ&結末までのネタバレと感想

アバズレさん、南さん、おばあちゃん。 ある日、スーパーで万引き犯が取り押さえられるところを目撃した奈ノ花。 制服についている「南」という刺繍を奈ノ花が名前だと勘違いし、「南さん」と呼ばれる。

23

【書評】「また、同じ夢を見ていた」主人公と一緒に幸せについて考えてみましょう!

学校の国語の授業で「幸せとは何か?」ということを隣の席の子と話し合うという授業が始まる。 ここに出てくるのは、3人のあなた。 以前、住野よるさんの『君の膵臓をたべたい』を読んで号泣したことがあるので「今回は泣かないぞ」と気を張っていたのですが何度か泣いてしまいました。

住野よるさんの小説、「また、同じ夢を見ていた」について質問です。

きっと誰にでも「やり直したい」ことがある。 私の拙いレビュー、評価いただきありがとうございます。

また、同じ夢を見ていた|夜月 唯|note

原作(双葉文庫版)の帯の表記より• ノートに小説を書いており、その小説を読んだ奈ノ花はとても感動し、「本当に凄い!」と全面的に肯定する。 タイトルである『また同じ夢を見ていた』の意味がなかなか分からずなにか手がかりは無いものかと探しながら読んでいましたが最後に全て明らかにされてすっきりです。 奈ノ花は桐生くんの絵が好きで、彼と幸せとは何かについて考える方が学校に行くより大事だと本心を打ち明け、桐生くんは奈ノ花が無視されているのは自分のせいだと謝ります。

9

【また、同じ夢を見ていたの感想】小学生が幸せとは何かを深く考える

その中間発表を授業参観で行うことになっており、両親は参加する予定であったが仕事が入り、行けなくなると奈ノ花に伝える。

18