時 を かける 少女 原田 知世。 映画「時をかける少女 」1983年 原田知世 主演 の感想

『時をかける少女』原田知世ブレイクの理由、大林宣彦監督が語る

「時をかける少女(2010)」がとても気に入ったので、古いほうも見てみたくなりレンタルしました。 (宇多丸)そういうあたりで、原田さん的にも撮影当時はさぞかし戸惑われたと思うんですけど? (原田知世)そうですね。

28

宇多丸と原田知世『時をかける少女』を語る

104-105. 81 ID:DhypbmT50. 確かに、昭和時代の映画です。 言語: : 日本語• でも、ちゃんと全部見終わってみると、1ヶ月ほど前に見た2010年版で感じたのとまた似たような切なさ、無性に誰か分からない誰かに逢いたくて仕方ないような想い、忘れたくないのに忘れなきゃいけない、忘れさせられてしまうことの胸締め付けられるような気持ちが湧いてきて、後半に一挙にドドッと気分が高まることが出来ました。

映画「時をかける少女 」1983年 原田知世 主演 の感想

編集:• だから目のメイクっていうのはその人の心なんですよね」とその理由を説明しながら、「目が小さい原田が女優になったのは奇跡」だという。 私も何十回目かだとは思いますが拝見して。

時をかける少女 (曲)

字幕: : 日本語• 今と全く変わらずだ。 吾朗と一夫の家族 [ ] 堀川貞子 演 - きたむらあきこ 吾朗の母。

24

『時をかける少女』原田知世ブレイクの理由、大林宣彦監督が語る

に『』としてテレビドラマ化されて以降、公開の監督による、公開の監督によるなど9回にわたって映像化されているほか 、漫画、絵本、ドラマCD、舞台などさまざまな形に翻案されている。 大原先生:• 主演は。

14

時をかける少女 (1983年の映画)

クランクイン! 有森也実さん系の綺麗な方で個人的に凄く気になった女優さんでした。

『時をかける少女』原田知世ブレイクの理由、大林宣彦監督が語る

あの頃の知世でしか撮れなかった。 昔は大林信者とか知世マニアとかちょっと痛い人が大勢いたので 僕のようなひねくれ者はついシカトしてたんだけど、 この作品が傑作であることは厳然たる事実だ。 それに尽きる。

27

時をかける少女 / 原田知世

5月、角川書店から新装文庫版が刊行()。 このラストカットでまた泣く。

25