威 読み方。 「威」の漢字を使った名前一覧

「威厳」の意味と使い方|例文5つ・類語6つ|尊厳との違い

「威」: 比較的簡単な常用漢字です。 。 そこでそのまま狐に同行した。

威司さん

裾取縅(すそとりおどし) - 下部の段を異なる色で縅したもの。 「強い正義感でまわりを引っ張っていけるような人に」という願いをこめて名づけることができる。 名前だけでは運勢は分からないので名前を入れて見たい方はこちらに名字を設定してみてください。

15

「威」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

斧で女性をおどすさまから「おどす」の意味を表す。 また色の織り方によって、経青緯黄(たてあおぬきき、縦糸が青で横糸が黄)の 麹塵縅(きくじんおどし)や経紅緯白の 紅梅縅(こうばいおどし)などがある。

30

狐借虎威 現代語訳・書き下し文・読み方

天帝我をして百獣に長たらしむ。 「面目を保つ」ともいえます。 関連項目 [ ]• あなたは私の後ろからついてきて観察してください。

威文さん

威や威毛とよぶようになったのは平安後期のことと考えられる。 白色と或る一つの色を上から1段おきに交互に縅したもの。

27

借虎威(虎の威を借る狐) 現代語訳・書き下し文・読み方

是非投票をお願いします。

11

威文さん

恐れさせる。 染韋の一種で、水気による硬直に強くなる。 「文」: 小学校1年生ごろ習う非常に簡単な漢字です。