リョナ 触手。 丸呑みデータベース リョナの島

クローム髑髏ちゃんのピンチ集(リョナ)

俺はアイズの虚空を眺めるようなぼっーとした表情をちらりと盗み見た。 この世界に来てからのすべての記憶からあ断片的に情報が汲み取られ、パーツが組み合わさっていくように彼女の名前が出来上がっていき、靄が晴れていく代わりに納得感が満たされていく。

16

クローム髑髏ちゃんのピンチ集(リョナ)

(怒れ) とはいえ俺は何の期待もせず、ただエイナの反応を待つ。 …エイナはできるだけこちらを見ないようにカニみたく歩いてくると、盆ごとベッドの脇にあった小机に置き、背もたれのない小さな椅子をベッドのそばに移動させた。 文字通り、なに追い込まれたヒロイン(主に ・)をメインに据えたイラストに付けられる。

17

リョナ (りょな)とは【ピクシブ百科事典】

そしてとびきりの笑顔を見せると、手渡してくる。

4

丸呑みデータベース リョナの島

そしてその視線に気が付いたのかティオナは流石に「たはは」と気まずそうに頬を掻きながら笑うと…そのままの指でグローブを指さした。

このダンジョンに神殺しが居ることは間違っている。

…いや必要だとは自分でも思うのだが、完治した場合ダンジョンに行かなければその日の食費代がまかなえず死ぬという可能性があった。

13

リョナ (りょな)とは【ピクシブ百科事典】

つまり溜まっている、今まで抑えつけていたものが身体の弱った隙に付け込んで、放出(いや放出はしていないが)されているというわけだ。 そして解きながらここ数日のことを説明してくれた。

9