エナラプリル マレイン 酸 塩。 エナラプリルマレイン酸塩錠2.5mg「MEEK」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

エナラプリルマレイン酸塩錠2.5mg「サワイ」(レニベース錠2.5のジェネリック医薬品)|沢井製薬

利尿剤投与中• 25 の範囲内であり、両剤の生物学的同等性が確認された(図、表)。 しかしレニベースにおいては各種高血圧症に対する総合的な有効率は、78. 73㎡未満の腎機能障害のある患者へのアリスキレンとの併用については、治療上やむを得ないと判断される場合を除き避ける(併用によりレニン・アンジオテンシン系阻害作用が増強される可能性がある)]。

エナラプリルマレイン酸塩錠2.5mg「MEEK」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

併用によりレニン・アンジオテンシン系阻害作用が増強される可能性がある。 インスリン又は経口血糖降下剤の投与中にアンジオテンシン変換酵素阻害剤を投与することにより低血糖が起こりやすいとの報告がある。

エナラプリルマレイン酸塩錠2.5mg「MEEK」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

後天性血管浮腫• 2.血管浮腫の既往歴のある患者(アンジオテンシン変換酵素阻害剤等の薬剤による血管浮腫、遺伝性血管浮腫、後天性血管浮腫、特発性血管浮腫等)[高度呼吸困難を伴う血管浮腫を発現することがある]。 但し、腎性・腎血管性高血圧症又は悪性高血圧の患者では2. 4.脳血管障害のある患者[過度の降圧が脳血流不全を惹起し、病態を悪化させることがある]。 5mg1錠 後発 9. 厳重な減塩療法中• 但し、腎障害を伴う患者又は利尿剤投与中の患者では2. 5mg1錠 後発 10. エナラプリルマレイン酸塩として5~10mgを1日1回経口投与する• [使用経験がない。

エナラプリルマレイン酸塩の効果と副作用【降圧剤】

AST、ALT上昇 などが挙げられます。

8

エナラプリルマレイン酸塩錠2.5mg「NikP」の添付文書

エナラプリルマレイン酸塩として5〜10mgを1日1回経口投与する• なお、年齢、症状により適宜増減する。 膜翅目毒<ハチ毒>による脱感作中• 本態性高血圧のほとんどは単一の原因ではなく、喫煙や食生活の乱れ、運動習慣の低下などが続く事による全身の血管の動脈硬化によって生じます。

エナラプリルマレイン酸塩錠5mg「トーワ」の効果・用法・副作用

成分・含量 1錠中 日局エナラプリルマレイン酸塩 2. 5).循環器:(頻度不明)低血圧、動悸、起立性低血圧、胸痛、調律障害(頻脈、徐脈)。

12