落合 莞爾。 「大東社」の発見で、大きく上書きされる落合史観

落合莞爾とは

落合莞爾氏はこれからの日本の社会を 國體社会主義社会になる と述べています。 ……欧州王室連合は世界王室連合に向かって発展するために、日本皇室に参加を求める方針を建てたのです。 落合先生の予言の真意は一体どこにあるのでしょうか。

12

落合莞爾先生とウバイド國體ワンワールドの結びつきについて(更新版)

幕末に偽装死したとが、以降の政体天皇を周防国田布施にいた護良親王の後裔である大室寅助(大室寅之祐)に任せて明治天皇とし、京都堀川の本圀寺内に極秘造営された堀川御所に入られた。

講師紹介|株式会社戦略思想研究所

…… 南朝勢の海外進出は、ほんらい「大塔政略」の骨子をなす重要な一環で、十四世紀末に大塔宮王子を擁して欧州に進出したことを嚆矢としますが、それだけにとどまりません。 カルの王朝という意味でカロリング朝ということです。 そんな思いから、年会費一括払いの方限定で、最大4万円分のプレゼントをご用意しました。

【日米開戦前夜、秘史中の秘史】満洲国建国の真相ワンワールド史観で世界の真実を洞察するメディアImperial Eyes インペリアル・アイズ

平成元年、笹川一江氏が落合先生に接触した目的とは?• 、、に続き、世界の最後の一つ・ 文明もウバイドが起源であった事、そこでウバイドの傭い人として活躍したのが タカスだった事が分かった。 暗号報道の読み解きからさらに導かれる結論とは、実は「エルサレム首都承認」という声明自体が、 日本に向けて発信された統一皇統を促すサインであるというものです。

17

これまた、落合莞爾先生の洞察が正しかった事が、京都皇統からの最近の古代史伝授で裏付けられた。ハプスブルク家は欧州大塔宮の血統だった!

具体的に言うと、 119代、120代、121代、124代、125代(現)、126代は、 欧州大塔宮の血統である。 江戸後期に欧州大塔宮家から日本に里帰りした 典仁(すけひと)、その子である119代 、その子である120代 、その子である121代 と、欧州大塔宮の血統が日本皇室内に続く。 遺体は布でぐるぐる巻きに巻かれ、実家の中山家に送り返された。

落合莞爾氏への反論: 舎人学校

落合莞爾氏にもう少し掘り下げて欲しいことや、夜も眠れないほど気になることなど、是非突っ込んだ質問を投げかけて下さい。

9

「大東社」の発見で、大きく上書きされる落合史観

『京都皇統の解禁秘史 天皇とワンワールド 国際秘密勢力 』成甲書房 2015• ただし、私のこれまでの分析では、この2つの皇統の他に、偽 ニセ 天皇と呼ぶべき偽皇統が存在することも分かってます。 「ある事件や出来事について、策謀や謀略によるものであると解釈する考え方。