二 十 四 軒 火事。 弘化

消防法施行令(第一条~第三十六条) 昭和36年03月25日 消防関係法令 政令第37号

名古屋は空襲や都市開発によって古い町並みがあまり残らなかった。 雲狐寺本尊造終わり、披露。

30

淺間神社(那古野)

松や、綿や、油にも見覚えがあるような気がしたんだ」 「なるほどね。

10

淺間神社(那古野)

下らねえ真似をしやがると、俺が承知しねえ」 「親方、若い者には若い者の考えがあるよ。 七夕餝具足に四季松図金屏風一双、絵三幅(中幅観音)を借用。 本尊のみ焼失。

5

地域生活を支える住宅の確保(番外編1)~二度も経験した火事

先以一重加修造之由披露之。 それを集めて転居費用とするという。

火事

以下この項において同じ。 「気をつけはしますがね、何しろ、肴に鮪の刺身を出すんで、おあつらえ向きに包丁があるじゃありませんか。

14

地域生活を支える住宅の確保(番外編1)~二度も経験した火事

銘天神講式銘等。

3

淺間神社(那古野)

教言、書写の奥書。

8

弘化

これから内装が入りますので気持ち良くお仕事できそうですね。