仙台 防災 枠組。 Japan CSO Coalition for Disaster Risk Reduction (JCC

進捗状況47%──仙台防災枠組からみるSDGsマネジメントの限界

優先行動 3)強靭性のための防災投資 リスク評価に基づく基準作りや土地利用規制、それに基づく防災事業の促進などに日本の優れた防災技術を活用して災害への事前の備えに取り組みます。 UNDRR駐日事務所としても、これらの取り組みがグローバルな活動と連携し、より災害に強い国・コミュニティの構築に向けて貢献を強めていけるよう、日本を拠点とする多くの防災関連機関と協力しています。 UNISDR• 市民一人一人の防災・減災の取り組みが、市全体の防災力の向上につながります。

22

第119回:仙台防災枠組に基づく世界の災害リスクの概観

WCDRRでは開催国代表として首相安倍晋三 あべしんぞう が、 1 長期的視点にたつ事前の防災投資、 2 より良い復興、 3 中央政府と多様な主体の連携、を柱とした仙台防災協力イニシアチブSendai Cooperation Initiative for Disaster Risk Reductionを発表した。 その中間年にあたるにで初の国連防災世界会議が開催された。

27

第119回:仙台防災枠組に基づく世界の災害リスクの概観

7つのグローバル・ターゲットが策定されましたが、目標の進捗状況のモニタリングのためには用語の定義や算出方法など具体的な内容を示した指標(インディケーター)が必要です。 2015年6月の国連総会で承認された。 84名の参加者と「仙台防災枠組」をどのように具体的な取り組みにつなげていくかを考えました。

19

国連など国際機関を通じた多国間協力 : 防災情報のページ

有事に特に需要が高まる業種はもちろんのこと、緊急時には特に重要にならない業種においても、どのような対策を取るべきか考え対応力を養うことが必要不可欠です。 がまったく示されていないか不十分です。 特に、第3回国連防災世界会議で採択された「仙台防災枠組」において、新しいステークホルダーとして女性と若者が参加し、防災と減災への取り組みにおけるリーダーシップをとる重要性を明記しています。

13

減災取り組み事例の紹介「自分ができること」から始めよう

また、最大で市の人口の10%にあたる10万人以上が避難した避難所の運営、帰宅困難者の一時滞在場所の確保、高齢者や障害者への対応など、都市ならではの課題が改めて明らかになりました。 UNISDR• ・ 政府主催レセプション 14日夕方、仙台ロイヤルパークホテルにて、第3回国連防災世界会議の参加者(政府、民間、市民団体など約1000名)を招いて、日本政府主催歓迎レセプションを開催した。 そして、2015年3月に仙台において開催した第3回国連防災世界会議では、HFA実施による10年間の成果を踏まえ、後継枠組である「仙台防災枠組2015-2030」が採択され、各国の防災政策や防災分野での国際協力をさらに推進するうえでの取り組みの中心となっています。

UNDRR

(英語)• 日本で開催された国際会議としては、過去最大規模のものとなった。 0の大地震に襲われました。 一方、市内中心部ではビルの倒壊や火災の延焼などの大規模な被害は免れましたが、市全体で約14万戸の家屋が半壊以上の被害を受けるなど、多くの被害が発生しました。

2

Japan CSO Coalition for Disaster Risk Reduction (JCC

(Third UN WCDRR)• また、日本の貢献策として「仙台防災協力イニシアティブ」を発表した。 災害の予防、軽減、備えを重視する• 仙台防災枠組では災害リスクを防止し削減する第一義的な責任は当該国が有するとし、先述の4つの優先行動と7つのグローバルターゲットを設け、各国の具体的な取り組み状況をモニタリングすることとなっています。

18

「仙台防災枠組2015

なお、BCPを策定する際にポイントとなるのが策定方法です。 時事ドットコム(2015年3月12日)• 期間中の3月14日、の直撃を受けたのロンズデール大統領が、出席中の当会議の場で国際社会からの支援を訴えた。 今後、国連総会に提出され2017年3月までに正式な指標として採択されます。

14