人事 院 規則 10 4。 人事院規則九―三四(初任給調整手当)

考試院調整會議規則 人事總處不再常態性列席

人事院的事務有俸給等勤務條件及人事行政之改善建議(人事院勸告),採用試驗、任用、身分、研修、俸給、懲戒、投訴處理、職務倫理維持等職員人事行政公正之確保,及職員利益保護等相關事務(國公法第3條第2項)。

人事院規則二-四(人事院の職員に対する権限の委任)第二項の規定に基づき、昭和三十八年人事院公示第五号の一部改正に関し、決定した件(人事院公示一〇)2019年4月1日|労働政策研究・研修機構(JILPT)

) 安衛則第53条第1項の表の令第23条第11号の業務(石綿等を製造し、又は取り扱う業務を除く。

5

考試院調整會議規則 人事總處不再常態性列席

人材局 - 企劃課、試驗課、研修調整課、研修指導課• 以下「安衛法」という。 大華網路報 2020-09-16 06:12:08• 第3号に掲げる業務(高圧室内における業務) 高圧室内作業主任者免許 1 作業方法を決定し、高圧室内作業者(以下この欄において「作業者」という。

18

e

人事院 參考文獻 [ ]• 2 前項の記録は、職員が各省各庁の長を異にして異動した場合には、異動後の所属の各省各庁の長に移管するものとする。

9

考試院調整會議規則 人事總處不再常態性列席

人事院四國事務局 - 高松市:德島縣、香川縣、愛媛縣、高知縣• 6 当該作業に従事する職員の保護眼鏡及び保護手袋の使用状況を監視すること。 第5号の業務 安衛則第53条第1項の表の令第23条第8号の業務の項に掲げる要件の例による。

21

人事院規則10―4(職員の保健及び安全保持)の運用について

)及び卓上用又は床上用の研削盤(使用する研削といしの直径が150ミリメートルを超える研削盤で、鋳物のばり取り又は溶接部のはつりをする業務に用いられるものに限る。 2 人事院規則の適用を受けていたボイラー等で、人事院規則10-4第32条の規定による設置検査は実施されているが、性能検査が行われていないものについては、使用検査を実施することが必要であること。