寺内 タケシ。 寺内タケシとバニーズ ~デビューから解散まで~

信田和雄

自らバンドも結成するなど精力的に活動した。

3

信田和雄

現在は「運命」や「津軽じょんがら節」などでリードギターを担当している。 (のカバーで、岩澤がボーカルを担当する)• ひえつき節 DISC2: 1. (2ndリード・ギター)• バニーズ解散後は、渡米。

「寺内タケシとバニーズ」の鈴木義之さん死去…「お湯をかける少女」などのCM手がける

今なおその技術は健在で、寺内タケシとブルージーンズのメロディーの基盤をつくっている。 10歳にしてブルージーンズナンバーを完全コピーし終える。 (ギター)• ブルージーンズをまとめるリーダー的役割を担っており欠かせない存在である。

1

寺内タケシになりたかった男 中村真也

(ギター)• このときはが参加して急場を凌いだが、それ以降第1次ブルージーンズは、度重なるメンバーチェンジの末に元ロカビリー歌手のをリーダーにした寄りのに転身、に第2次ブルージーンズを結成した寺内に「ブルージーンズ」の名を返上するに至った。 井上 正 (本名 : 同じ) 1947年10月23日/神奈川・横浜市生まれ 父は尺八奏者という家系に生まれ、13才にて「琴古流尺八」に入門。 諏佐周二(ドラムス)• バニーズ・ゴールデン・アルバム 1967. () その他• おこさ節 6. 2ヶ月余りの特訓を経て、9月には最初のアルバム「バニーズ誕生!」のレコーディングをするまでに成長していった。

8

寺内タケシの「事務所」の噂検証

()1945年7月18日 - 2013年4月24日。

26

寺内タケシとバニーズ

横浜で活躍していたアマチュアバンドの中からメンバーを集め同年6月に結成。 最初はソ連大使館から許可が下りなかったがソ連国立コンサート委員会が彼の演奏に惚れ込みツアーが実現、3千万円の赤字と寺内企画の倒産を覚悟で8月、遂にソ連ツアーを決行した。

9

寺内タケシになりたかった男 中村真也

大学時代は米軍キャンプで演奏を行っていたが、ミッキー・カーチスのバンド「クレージー・ウエス」に参加。

12