新型 インフルエンザ 等 対策 特別 措置 法 改正 案。 新型コロナ感染拡大なら緊急事態宣言可能に、特措法改正案を決定

政府の体制 (2020年3月26日 改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく政府対策本部を設置)/新型コロナウイルス感染症特設サイト/とりネット

)又は若しくはの許可を受けた者をいう。 (平成24年3月29日)(PDF)• ロックダウン 都市閉鎖 について詳しくは以下の記事でまとめています。

24

政府の体制 (2020年3月26日 改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく政府対策本部を設置)/新型コロナウイルス感染症特設サイト/とりネット

むしろ、本法案の適用により国民の人権が広範囲に制約されることに鑑みれば、法適用の根拠及び各措置の結果等については随時全面的に情報開示を行い、専門家らを含む第三者が広く検証できるようにすべきである。 このあと法案の採決が行われ、自民・公明両党のほか、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会の賛成多数で可決されました。 指定感染症のままで可能。

新型コロナ感染拡大なら緊急事態宣言可能に、特措法改正案を決定

第四項及び次条第二項において「特定船舶等」という。 新型コロナへの対応を可能にする要綱改正で、政府の対応のちぐはぐさが浮き彫りになった。

共同会派内閣厚労合同部会で新型インフル等特措法改正案の法案審査

わかりやすく解説していくので、どうぞ最後までご覧ください。 また、流行発生から同年12月中旬までの累計で、受診者の 13 万人に 1 人が死亡したものと推計される。

27

改正特措法の問題点 緊急事態宣言発令で責任の所在は?国?都道府県知事?|趣味のブログ

新型インフルエンザ等対策特別措置法の一部を改正する法律案 (令和2年3月10日閣議決定) 新型コロナウイルス感染症の発生及びそのまん延により、国民の生命及び健康に重大な影響を与えることが懸念される状況に鑑み、新型コロナウイルス感染症を、新型インフルエンザ等対策特別措置法に規定する新型インフルエンザ等とみなし、同法に基づく措置を実施する必要があることから、新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号)の一部を改正することが閣議決定されました。 ただし、追加で以下の主張を加えます。 臨時に医療施設を開設するために土地や建物を収用することも可能となる。

新型インフルエンザ等対策特別措置法の一部を改正する法律案 令和2年3月10日閣議決定

5 政府対策本部長は、新型インフルエンザ等緊急事態宣言をした後、新型インフルエンザ等緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認めるときは、速やかに、新型インフルエンザ等緊急事態解除宣言(新型インフルエンザ等緊急事態が終了した旨の公示をいう。 修正案には緊急事態宣言を発令する際に事前に国会承認を得ることや、国会が議決すれば宣言を解除できることを盛り込んだ。 また、都道府県知事は宣言を受け、住民に外出自粛のほか、学校や運動施設、映画館など多くの人が集まる施設の使用を制限するよう要請・指示することができるようになる。

e

。 参考人に対して質疑を行った。 特措法を改正して緊急事態を宣言すれば、対象地域に指定された都道府県の知事は、住民に対し学校や興行施設の使用を制限したり、催し物の中止を指示したりできる。

29