川端 康成 が 認め た 作家。 川端康成の未発表書簡2通を公表 文学の心構え、後進につづる 大阪の大学講師

フランシス・ホジソン・バーネット、川端康成/訳 『小公子』

(中略) 横光君 僕は日本の山河を魂として君の後を生きてゆく〉と、その死を悼んだ。 そんな川端康成が残した数々の代表作は、それこそ多彩な作風を見せます。 初代は浅草のカフェ・アメリカの支配人・中林忠蔵と1922年(大正11年)に結婚して後にに移住し、中林は高級レストラン「カルトン」の支配人をしていたが、中林と5年前に死別し、再婚相手・桜井との間に儲けた次男(1歳に満たない赤ん坊)がいた(長男は夭折)。

7

川端康成、今も残る「自殺の謎」 「国宝」3つも所有!目利きの顔も

また三島は、近代作家において、「の秘められた味はひ、その、その感、その、そのほのぐらいを、本当にわがものにした」のは、川端一人だけだと高く評価している。

川端康成の未発表書簡2通を公表 文学の心構え、後進につづる 大阪の大学講師

後藤は、高工(現・)受験のためにから「賀茂丸」に乗船し、一高生であった川端と乗り合わせ、作中で描かれた受験生であった。 通っていたカフェの女給・伊藤初代と恋愛、婚約するが、一方的に破棄される。 …そうですか」と小さく言った。

17

川端康成の名作おすすめ10選!純文学好きにはたまらない!

前線と銃後とにこの無言の通じるところに、日本の言霊の泉があらう。 「今は相見てなにか思はん」が素直に満ちています。

22

川端康成の卒業・出身高校

太宰治のエピソード 川端康成は、芥川賞の審査員を務めていた時に、太宰治が候補に挙がるも落選。

川端康成の書簡見つかる 早世の文学青年思い、心温まる交流

南部宅へはその後一高入学後も何度か通った。 下宿先はその後、の西須賀町13(現・文京区2丁目)の戸沢常松方、駒込林町227(現・5-32)の佐々木方、同町11(現・千駄木5-2-3)の永宮志計里方、千駄木町38(現・千駄木1-22)の牧瀬方などに数か月ごとに転々とする。 開き切った花を活けてはならぬと、利休も教えていますが、今日の日本の茶でも、茶室の床にはただ一輪の花、しかもつぼみを生けることが多いのであります。

25

川端康成の卒業・出身高校

小説家として 川端が小説家を志したのは中学時代。

13