Wordpress スライドショー。 ワードプレスのスライダープラグインを厳選!初心者でも簡単に視覚効果抜群のサイト作り!

MetaSliderを使ってWordPressでスライドショーを作る方法

管理画面で作成したカレンダーはビジュアルエディタに自動で追加されるメニューで記事に挿入可能なので、ショートコードをコピー&ペーストする必要はありません。 スライドショーは、一から作り上げようと思うとプログラミング言語に関する知識が必要となり、時間と手間がかかるので大変な作業になります。

7

Meta Sliderを導入して、WordPressにスライドショーを組み込む

スライド選択の画面が出るので、表示したいスライドを選択して、スライドショーを挿入をクリックします。 プレビューで確認すると、ペーストした位置にスライドショーが表示されているはずです。 スライドショーであれば、スペースを取らず多くの写真や動画を載せることができます。

2

WordPressでスライドショーを設定できるおすすめプラグイン3選

気に入ったプラグインを使ってみてください。 非表示にした場合、スライドの切り替えは「ナビゲーション」または「自動スライド」によって行われます。 プラグインは、WordPressの大きな魅力の一つです。

6

ワードプレスのスライダープラグインを厳選!初心者でも簡単に視覚効果抜群のサイト作り!

画像を大量に入れない スライドショーは1箇所で複数のサービスを紹介できるメリットがありますが、大量の枚数を入れてしまうと見られるものと見られないものが出てしまいます。 WordPressではプラグインを利用することで簡単にスライドショーをつくることができます。

10

Meta Sliderを導入して、WordPressにスライドショーを組み込む

ナビゲーション:スライドショーの下部に点の表示 上記内容のように、基本となるデザインやサイズを、ある程度カスタマイズできるのがこの設定です。 今回はテンプレートに直接埋め込む方法を解説するので「テンプレートを含める」のコードをコピーします。

24

【WordPress】スライドショープラグイン「MetaSlider」が良かったので紹介。初心者でも扱いやすい設定が魅力

会員登録時に入力してもらう情報を編集するには「フィールド」タブで、会員登録時のメール送信の文章は「メール」タブで変更することが可能です。

12

画像のスライドショー(スライダー)を作成・表示できるプラグイン

表示されている画像が個々のスライドということになります。 記事内に自動でショートコードが挿入されます。 ショートコードを貼り付けるする場所ですが、 の一つ前にある タグの前の行あたりに入れてみましょう。