医薬品 医療 機器 等 法。 医薬品医療機器等法(イヤクヒンイリョウキキトウホウ)とは

医薬品医療機器等法に関わる不適表示・広告事例集 東京都福祉保健局

[57KB]• 第17条 この法律の施行前にその事業を廃止し、休止し、若しくは休止した事業を再開し、又は総括製造販売責任者 (旧薬事法第17条第2項に規定する総括製造販売責任者をいう。 3 農林水産大臣は、第1項の規定により読み替えて適用される第23条の25第1項若しくは第9項 (第23条の37第5項において準用する場合を含む。 処方せん医薬品と薬局販売医薬品の販売には薬剤師を常時配置することが必要である。

16

医薬品医療機器等法の目的ってなんだ?

第七十五条第一項又は第七十五条の二第一項の処分をする場合• )であって、旧薬事法第19条第1項の規定による届出をしていないものについては、医薬品医療機器等法第23条の2の16第1項の規定にかかわらず、なお従前の例による。 以下同じ。 2 広告 ダイレクトメール 血圧が下がった、疲れにくくなった、肝炎がよくなった、便秘が治った、痩せた 体験談「肝臓の数値が改善した」、「中性脂肪が多いと注意されていたのがウソみたい」 法第68条 田七人参含有食品 体験談を引用し、疾病の治療効果を暗示する表現は、医薬品的な効能効果に該当するため広告できない。

薬事法等の一部を改正する法律について

医療機器の安全性に関する非臨床試験の実施の基準に関する省令(医療機器GLP)• (注2) 厚生労働大臣が基準を定めたものについて大臣の承認を不要とし、あらかじめ厚生労働大臣の登録を受けた民間の第三者 認証機関(現在13機関)が基準への適合性を認証する制度。

25

医薬品医療機器等法に関わる不適表示・広告事例集 東京都福祉保健局

この場合において、同項中「第23条の2の5」とあるのは「第23条の2の17」と、「同条第2項、第5項、第6項、第8項及び第10項」とあるのは「同条第5項において準用する第23条の2の5第2項、第5項、第6項、第8項及び第10項」と、「同条の承認」とあるのは「第23条の2の17の承認」と、同条第2項中「前項の規定により第23条の2の5の承認を受けた者」とあるのは「第23条の2の20第1項において準用する第23条の2の8第1項の規定により第23条の2の17の承認を受けた者又は選任外国製造医療機器等製造販売業者」と読み替えるものとする。 )のいずれかに該当するに至つたと認めるとき、又は第23条の26第1項の規定により条件及び期限を付した第23条の25の承認を与えた再生医療等製品が第23条の26第1項第2号若しくは第3号のいずれかに該当しなくなつたと認めるとき、若しくは第23条の25第2項第3号ハ (同条第9項において準用する場合を含む。 9 広告 インターネット イソフラボン効果で効率よくバストアップ。

医薬品等の広告規制について(医薬品医療機器等法) 東京都福祉保健局

)を変更し、又は選任製造販売業者につき、その氏名若しくは名称その他旧薬事法第19条の3の厚生労働省令 (旧薬事法第83条第1項の規定が適用される場合にあっては、農林水産省令)で定める事項に変更があった医療機器又は体外診断用医薬品の外国特例承認取得者 (旧薬事法第19条の2第4項に規定する外国特例承認取得者をいい、附則第37条の規定により医薬品医療機器等法第23条の37の承認を受けたものとみなされる者を除く。 )の程度からみて、その使用に係る対象動物の肉、乳その他の食用に供される生産物で人の健康を損なうものが生産されるおそれがあることにより、医薬品として使用価値がないと認められるとき」と、同条第7項、第23条の2の5第9項及び第23条の25第7項中「医療上」とあるのは「獣医療上」と、第14条の3第1項第1号、第23条の2の8第1項第1号及び第23条の28第1項第1号中「国民の生命及び健康」とあるのは「動物の生産又は健康の維持」と、第21条第1項中「都道府県知事(薬局開設者が当該薬局における設備及び器具をもつて医薬品を製造し、その医薬品を当該薬局において販売し、又は授与する場合であつて、当該薬局の所在地が保健所を設置する市又は特別区の区域にある場合においては、市長又は区長。 3 広告 製品説明冊子 「私はずっとトラブル知らずよ」「熱を加えないから・・・目が痛いなんていうこともないの。

29

各種関連通知

なぜって? 医薬品的な効能効果(疾病の治療または予防、身体の組織機能の増強増進、またそれらを暗示する表示)の標榜• )」とあるのは「含む。 また、その保管に際しては、他の物と区別して貯蔵および陳列しなければならない。 以下この条において同じ。

17