ドイツ 語 人称 変化。 ドイツ語:3基本形・過去・現在完了

主語の人称・数による動詞の変化を解説

etwas と nichts は格変化しない。

ドイツ語文法 : 動詞の現在人称変化(規則変化)|楽しく学ぶドイツ語|note

無茶苦茶な変化ではありませんが、er hatとihr habtが混同しないように気をつけましょう。 ドイツ語 人称変化の作り方 それでは、さっそく主語に合わせて、動詞を変化させてみましょう! 人称変化の作り方はとてもカンタンです。 Du bist nett. 動詞seinの人称変化形と意味・用法 動詞seinの人称変化形 seinは本当に不規則に人称変化します。

ドイツ語の現在人称変化【ich,wir,Sie,du,ihr,er,sieの基本】

だから、たとえば sagen とか arbeiten だったら、次のようになるね。 原則は次の通りだよ。 *もう少し詳しくいうと、現在と連続している過去=現在完了形、現在と切り離された過去=過去形という区別があります。

ドイツ語 人称代名詞

(私達は愛し合っている。 人称 単数 複数 1 trau e ト ラウエ trau en ト ラウエン 2 trau st ト ラウスト trau t ト ラウト 3 trau t ト ラウト trau en ト ラウエン 赤字で表したところが変化語尾です。

17

ドイツ語 疑問詞

3 ihr に対する命令形 ihr 「きみたち」に対する命令形は現在人称変化形と同じなんだ。

【ドイツ語】動詞の現在人称変化表一覧

英語と同様の比較級 -er と最上級 - e st も存在するが、これらも限定用法では形容詞語尾が付加される。

14