伊方 原発。 伊方原発「乾式貯蔵施設」「2号機廃炉」八幡浜市も同意 知事の最終判断へ【愛媛】

伊方原発「乾式貯蔵施設」「2号機廃炉」八幡浜市も同意 知事の最終判断へ【愛媛】

使用済み核燃料の処理ができません。

伊方原発の運転再び認めず、「地震、火山の想定不十分」と広島高裁仮処分決定

2011年4月23日閲覧。 - 原子力規制委員会• — 地震調査研究推進本部 地震調査委員会、中央構造線断層帯(金剛山地東縁-伊予灘)の長期評価(一部改訂)について 平成23年2月18日 その後の2012年に、1596年9月1日に起きた(中央構造線断層帯が震源)の際に現在の伊方原発付近に10-15mの大津波が到達した可能性があることが発表された。 2020年8月9日閲覧。

7

伊方3号機を廃炉に

中村知事が近く、乾式貯蔵施設の建設計画とあわせ、判断を示す見通しだ。 ほかの原発立地自治体と同じく、伊方町にもが多く、建設費・維持費に莫大な経費がかけられている。 私は「伊方原発をとめる会」の事務局長として、前後3回伊方原発を稼働させないように、原子力規制庁に要請に行きました。

28

伊方原発の使用済み核燃料一時保管施設計画 県が条件付き了解

大規模な南海地震が起きたら、一撃でやられるリスクは高い。 そこで1969年に町長・地主・漁業関係者らが四国電力に対して、原発誘致の陳情を行った。 。

2

伊方原発の使用済み核燃料一時保管施設計画 県が条件付き了解

8 では、柏崎羽原発には2058ガルの負荷がかかりました。 13に過ぎなかった。

4

伊方原発の運転再び認めず、「地震、火山の想定不十分」と広島高裁仮処分決定

2017年7月21日. 野村亮輔、藤本建夫 「」、『甲南経済学論集』 、2015年1月、第55巻第1・2号、pp. 四国電力伊方原発3号機=愛媛県伊方町で、本社ヘリから梅田麻衣子撮影 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを広島、愛媛両県の住民が求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島高裁(野々上友之裁判長)は13日、申し立てを却下した今年3月の広島地裁の判断を取り消し、四電に運転差し止めを命じる決定を出した。 そこで1984年に商工業協同組合が結成され、四国電力とその関連会社に、地元での商品購入、地元住民の優先的な雇用、労働者の地元での宿泊を求めるようになった。 2016年4月4日閲覧。

12

伊方原発「乾式貯蔵施設」「2号機廃炉」八幡浜市も同意 知事の最終判断へ【愛媛】

張貞旭 「 」、『財政と公共政策』 財政学研究会、2006年5月、第28巻第1号、pp. 2012年1月13日. また同著は、反核の横の連携を目指した「全国原子力科学技術者連合」(全原連)誕生と京大支部、京大医学部が核物質トリチウムを注射する人体実験参加を京大寮生に募集したことへの撤回運動、京都府久美浜町(現・京丹後市)や岡山県・鹿久居島などの反原発住民運動との連帯、全国で初めて京都で開催された「反原発全国集会」(75年)など、70年代反原発運動の貴重な証言やビラ、会報史料を含む。

伊方原発3号機運転差し止めの裏事情、原発事業の司法リスクに政権は「塩対応」

5月10日 - 1号機の運転が終了。