うなぎ 生産 量。 都道府県別ウナギ生産量

都道府県別ウナギ生産量

愛知県も「ひつまぶし」で有名です。 天然うなぎの産地ベスト3を徹底紹介! 天然うなぎの捕獲量は、 1位 2位 3位 、 次にと続きます。 しかし、60年代・70年代に、シラスウナギを 出荷していた 鹿児島県・愛知県・宮崎県が 直接うなぎの生育を行うようになりました。

9

【埼玉のS級グルメ?!】埼玉はうなぎが名産品!ウナギと埼玉の歴史ある関係は?

次に、夏に消費の多い生鮮果物について見てみましょう。

12

養殖鰻(うなぎ)の生産量日本一は?

口当たりの柔らかさが特徴です。 この不漁が要因で、 静岡のうなぎ養殖業者がシラスウナギを 求めて全国各地に向かいました。 日本が誇る絶品うなぎの名産地とは 食用うなぎはほとんどが養殖 食用うなぎとして名高い二ホンウナギは絶滅危惧種として認定されています。

5

このままでは絶滅? 「うなぎ」の危機に私たち日本人ができること

しかし、20年前の昭和57年は、近畿が1,532円で最も多く、最も少なかった北海道(297円)と比べるとその格差は約5. は、うなぎの養殖の発祥の地とされていますね。

15

うなぎの養殖量の都道府県ランキング(平成28年)

まず、平成17年6月に地域団体商標制度導入のための商標法が改正されたのを受けて、準備を重ねて翌年の18年10月には特許庁に対し「一色産うなぎ」で地域団体商標を出願した。 ほとんど天然での漁獲が行われなくなった現在でもその文化は受け継がれ、県内、特に中濃地方(岐阜市、関市、各務原市)には全国でも指折りの名店が数多く存在します。

2

統計資料 都道府県別ウナギ生産量

元データ 年 漁業生産 養殖生産 国内生産計 輸入 総計 1956 2438 4902 7340 7340 1957 2743 5688 8431 8431 1958 2801 6276 9077 9077 1959 2694 5663 8357 8357 1960 2871 6136 9007 9007 1961 3387 8105 11492 11492 1962 3084 7572 10656 10656 1963 2690 9918 12608 12608 1964 2776 13418 16194 16194 1965 2803 16017 18820 18820 1966 2826 17015 19841 19841 1967 3162 19605 22767 22767 1968 3124 23640 26764 26764 1969 3194 23276 26470 26470 1970 2726 16730 19456 19456 1971 2624 14233 16857 16857 1972 2418 13355 15773 15773 1973 2107 15247 17354 6934 24288 1974 2083 17077 19160 7740 26900 1975 2202 20749 22951 10927 33878 1976 2040 26251 28291 14207 42498 1977 2102 27630 29732 15428 45160 1978 2068 32106 34174 12102 46276 1979 1923 36781 38704 13268 51972 1980 1936 36618 38554 15356 53910 1981 1920 33984 35904 17800 53704 1982 1927 36642 38569 10971 49540 1983 1818 34489 36307 17328 53635 1984 1573 38030 39603 16854 56457 1985 1526 39568 41094 41148 82242 1986 1505 36520 38025 40184 78209 1987 1413 36994 38407 40212 78619 1988 1334 39558 40892 55668 96560 1989 1273 39704 40977 57837 98814 1990 1128 38855 39983 68174 108157 1991 1080 39013 40093 74115 114208 1992 1092 36299 37391 77365 114756 1993 970 33860 34830 79038 113868 1994 949 29431 30380 80852 111232 1995 899 29131 30030 72234 102264 1996 901 28595 29496 87279 116775 1997 880 24171 25051 105762 130813 1998 860 21971 22831 99703 122534 1999 817 23211 24028 106156 130184 2000 765 24118 24883 133211 158094 2001 677 23123 23800 133017 156817 2002 612 21207 21819 120472 142291 2003 600 22000 22600 94573 117173 2004 618 21791 22409 107864 130273 2005 483 19744 20227 77590 97817 2006 302 20733 21035 79387 100422 2007 289 22644 22933 80353 103286 2008 270 20952 21222 43923 65145 2009 263 22406 22669 46179 68848 2010 245 20533 20778 53065 73843 2011 229 22006 22235 34061 56296 2012 165 17377 17542 19660 37202 2013 135 14204 14339 18258 32597 2014 112 17627 17739 20197 37936 2015 70 20119 20189 31156 51345 2016 71 18941 19012 31469 出典:水産庁 - ウナギに関する情報. 次は消費量の多い都道府県をご紹介します。 が開発した「うなぎ味の」も有名になり、うなぎを守ろうという傾向が強まっています。

6