蜻蛉 日記 嘆き つつ。 蜻蛉日記『町の小路の女・うつろひたる菊』(さて、九月ばかりになりて〜)の品詞分解 / 古文 by 走るメロス

高等学校古典B/蜻蛉日記

」となる気持ちも、解らなくはないです。 」と言ったところ、(息子は) そっと立ち上がり走って、(止まり木に)止まらせていた鷹をつかんで放ってしまった。 一夫多妻制が常識だった平安時代では、高位の貴族ほど女性をたくさん妻として抱えます。

蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』問題1

この「蜻蛉日記」は、その後に書かれた「源氏物語」に多大な影響を及ぼしたと言われていますが、「源氏物語」の主人公、光源氏の君の理想の女性像は「嫉妬せずに、違う女性の何気ない話を笑顔で聞いてくれる女性」というのがあるんですが…… 兼家さんの態度から見ても、平安貴族のスタンダードな価値観だったのかもしれませんね。 さて、九月ごろになって、兼家が出てしまった時に、文箱があるのを何気なく開けて見ると、他の人(=女)に届けようとした手紙がある。 天暦八年 954 、右大臣藤原の三男兼家と結婚。

25

「蜻蛉日記:なげきつつひとり寝る夜・うつろひたる菊」の現代語訳(口語訳)

や=間投助詞、意味は詠嘆 ますます激しく不愉快に思うことはこの上ないことよ。 (代動詞として)~をする たり=完了の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形 その(夫の兼家が訪れて来た)ようだと思うと、気に食わなくて、(門を)開けさせないでいると、例の家(町の小路の女の家)と思われるところに行ってしまった。 」などと言っているべきなのに、 いとどしう 心づきなく思ふこと ぞ 限りなき や。

53 嘆きつつ〜 |歌の意味・解説・翻訳【百人一首】

ものす=サ変動詞「ものす」の連用形、ある、いる。

21

蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』 現代語訳

長徳元年 995 、死去(『小右記』)。

28

蜻蛉日記「なげきつつひとり寝る夜」

けっこうえぐいことしています 笑 【本文 第3段落】 -1文目- これより、夕さりつ方、「内裏に、逃る まじかりけり。

9

蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』 現代語訳

「暗くなりぬれば、参らぬなり。

10