貝原 益軒。 貝原益軒「養生訓」と現代医学を融合「元気に100歳」を社会運動に(後):【公式】データ・マックス NETIB

貝原益軒の「明医は時医にしかず」

「人は年二十の者は四日に一回もらす。

12

養生訓の内容|貝原益軒による日本人の健康と精神の心得|原文と現代語訳

詩歌文章に長じ、利休の高弟・南坊宗啓の秘書、南坊録を補足して『南方録』7巻を著し、茶道界に南坊流宗匠としての名を残す。 書生は才力に誇っていたと見え、 滔々と古今の学芸を論じた。 いくら歴史・武将ブームに熱中しても、これでは日本の女がパッパラパー化するだけです。

24

② ~ 貝原益軒『和俗童子訓』【女子を教ゆる法】より

小橋をわたせり。 また両足の親指をよく引き、残る指もひねっておく。

26

貝原益軒「養生訓」と現代医学を融合「元気に100歳」を社会運動に(後):【公式】データ・マックス NETIB

子を愛し過して、子のわざはひとなるが如し。 飛騨より江戸へ行には此道を出る。

8

日本のアリストテレスと言われた江戸時代の大学者「貝原益軒」

親に考、君に忠、家をたもち、からだをたもつ。 そういう波にのって教訓書がたくさん出ましたので、益軒の平易な和文で書かれた教訓書が、よく読まれたんですね。

「ニャン生訓」のびのびとした〈ねこさま〉の姿を通して江戸時代の健康指南書・養生訓のエッセンスを体得!

此間にも糸櫻所々にあり。 山上にの社あり。

【書評】貝原益軒「養生訓」

養生訓は300年も前に書かれた書物ですが、現代の私たちにも参考になる普遍的な内容が書かれています。 淺間嶽は北に有。

16