パリ テキサス 映画。 パリ、テキサス 感想・レビュー|映画の時間

「パリ、テキサス」|座右のシネマ

目を離すと逃げ出そうとするトラヴィス。 テキサスの原野。 父親の思う優しさ、育ての父も最初から子供に判断を委ねていたのだ。

パリ、テキサスの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

KG 4年前に失踪した兄トラヴィスがテキサスの砂漠で見つかったという連絡を受け、ウォルトは兄の元へ向かいます。

20

『パリ、テキサス』ネタバレ解説と感想 トラヴィスが選択した結末は?

> <1990年代 映画館で鑑賞。

24

パリ、テキサス

ぎこちないハンターとトラヴィス。 あの部屋の構造そのものが、ふたりのエゴのありかた、世界の見方なのかな。 ドイツでは、地方映画館の衰退が顕著になり、映画文化が衰退する一方で画一的な映像を届けるテレビがそこに取って代わろうとしていたのです。

22

【ネタバレあり】『パリ、テキサス』感想・解説:映画を「見る」ことの喜びが詰まった傑作!

それが 『666号室』という作品です。 男は トラヴィスといい、4年前に妻と子を捨てて、失踪したのでした。

8

映画 「パリ テキサス」

ヒューストンの銀行からジェーンらしき人物が乗った赤い車が出て行くのを見た二人は車を追跡し、不思議な建物に辿り着きます。 そして何よりこの作品が、「男は黙って女の下から去る」という極めて西部劇的な幕切れをしている点も印象的です。

パリ、テキサス 感想・レビュー|映画の時間

相手への愛のように見えたもの。 そんな『パリ、テキサス』の感想は言うまでもなく、ロードムービーの傑作です。

パリ、テキサス 感想・レビュー|映画の時間

しかし、トラヴィス自身が言うように「何があったか分からない、空白のまま」同じことを繰り返さないために彼はまた走り続けなければならないのです。 そこは、砂しかないテキサスの荒地だが、父と母が初めて愛をかわした所だとトラヴィスは説明した。

13